クレジット機能なしのETCカードの作り方

クレジット機能なしのETCカードとは?

高速料金所をノンストップで通過できるアイテムといえばETCカードですが、 いくら普及率が年々上がってきていると言っても、なかには審査に不安がある、クレジット機能が苦手といった理由からETCカードをいまだに持っていない方もいることかと思います。

そういう方の共通の思いといえば、「ETCカードは欲しいけれど、クレジットカードは要らない」ということではないでしょうか。

そこで検討していただきたいのが、クレジット機能のないETCカードです。
基本的にクレジット機能のないETCカードは、審査不要で持つことができることから、クレジット申し込みに必ずついて回る審査に対して自信がないという方、そもそもクレジット機能が必要ないという方、元々クレジット機能付きのETCカードが欲しかったにも関わらず、残念ながら既に審査に落ちてしまったという方に選ばれているカード。

ETCカードの情報があふれていることもあり、意外に知らない方も多いETCカードなので、
ここではクレジット機能のないETCカードを入手する方法を簡単に紹介していきます。

高速道路を利用する以上、ETCカードは持った方が便利ですので、今まで持つことができないと諦めていた方は、ここでしっかりクレジット機能なしのETCカードについて確認していきましょう。

ETCパーソナルカード利用の上での注意点

このカードは通称ETCパーソナルカードと呼ばれ、クレジット機能を付加しない・審査がないETCだけに限定して利用ができるカードですが、いくら「審査がない」といっても、ETCパーソナルカードを所有するために注意しなければいけないことがあります。

その注意点というのは【デポジット入金】が必要となるということです。

ETCパーソナルカードは作成時にデジポット入金が利用前の申し込み条件となり、これは俗に言う保証金扱いとなっているため、入金されても高速道路通貨料金の支払いとしては利用できません。

またその80%を超える金額以上を利用した場合、追加でデジポット入金をしなければ、利用が突然停止となってしまうケースもあるのです。

ではそのデジポット入金の仕組みとはどのようになっているか。また金額にしていくら必要なのか。その内容と注意点を記載した図を見てみましょう。


有料道路の平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額(平均利用月額が10,000円未満の場合は10,000円とします。)の4倍の額、または年間最高利用月額20,000円単位で切り上げた額のいずれか高い額をデジポット額として預託していただく必要がございます。


お申し込み後、デポジット(保証金)を預託いただき、それを担保としたうえで、ご利用いただいた通行料金を、ゆうちょ銀行または銀行等の貯金口座や預金口座から1ヶ月単位で引落しとなります。デポジットはプリペイドカードのような前払金ではありませんので、通行料金のお支払いにはご利用いただけません。
※利用停止になるケースと停止の場合の対応
・お支払いの済んでいない利用金額の合計が預託いただいたデポジットの80%を超える場合。
・ご利用金額のお支払いがない場合。
・デポジットの増額に応じていただけない場合。
・ご利用を停止された場合には、料金所で開閉バーが開きません。
係員のいるレーンで、現金等他の支払い手段でお支払いください。
※参考:E-NEXCOドライブプラザ:ETC総合情報サイト 他


この図が示すように、デジポット入金はどんなに最低でも、40,000円の入金が最低条件になっており、利用状況によっては追加でデジポット入金を求められます。

要チェック

常に月々の高速道路の利用料を考えながら、高速道路に乗るという事を考えないといけないとなると、苦痛を感じてしまったり、ETCカードの利用の意味がないと思うところもあるでしょう。

デジポット入金は保証料ですので、ETCパーソナルカードを解約する場合には、その全額が返還されますが、利用を継続する限り利用者の手には戻ってきません。

その他にも利用開始から毎年、年会費が1,200円かかり、また毎月の利用料についても振込時の手数料は利用者負担となっているところもデメリットであり、注意しなければいけない点です。

クレジット機能付き、機能無しのETCカード比較

前章で述べたように、ETCパーソナルカードには利用上の注意点を含め、所有するには維持費の負担が大きい事がわかります。
ではここで、ETC付帯クレジットカードとETCパーソナルカードとの比較を行ってみましょう。
ETC付帯クレジットカードには、アメリカン・エキスプレス・カードを選んでいます。


  ETCパーソナルカード
ETCパーソナルカード
アメックスカードザポイント
アメリカン・エキスプレス・カード
初期費用
  • デジポット入金(保証金)が必修条件
    (最低でも40,000円が保証金として必要)
  • ETCカード年会費無料
年間維持費
  • 年会費1,200円必要
  • 初年度無料
    12,000円+消費税
支払い
  • 郵便局かコンビニでの振込み
    (手数料は利用者負担)
  • 毎月のクレジットから自動引き落とし
    (利用金額に応じてポイントが付与)
その他制限等
  • 年間利用料によりデジポット入金の追加が必要
    (場合によっては利用停止になるケースも)
  • 利用金額の制限はクレジット利用限度額により決定(クレジット限度額は個別設定)
  • クレジット作成時に審査あり

この様に、2枚のカードを比較すると、初年度であればアメリカン・エキスプレス・カードが初期費用、維持費ともにお得に作成できるという事が分かります。では再度2枚のカードの比較結果を整理してみましょう。

アメリカン・エキスプレス・カードとETCパーソナルカードの比較のポイント

その1
アメリカン・エキスプレス・カードはカード申請時費用無料、ETCカード年会費は無料。これに対してETCパーソナルカードはデジポット入金(保証金)に最低でも40,000円が必要で、年会費についても毎年1,200円の負担が必要。
その2
アメリカン・エキスプレス・カードなら毎月の支払いは無料で引き落としに対して、ETCパーソナルカードは毎月利用者の振込料負担になる。
その3
アメリカン・エキスプレス・カードなら年間利用についての利用限度額を気にする必要はほとんどない(クレジット限度額迄利用可能)のに対して、ETCパーソナルカードは年間利用料によって、追加のデジポット入金が必要(増額要請に応じない場合、利用停止になる。)
その4
アメリカン・エキスプレス・カードは申し込み時に審査が必要なのに対して、ETCパーソナルカードは審査の必要がない。

まとめ
アメリカン・エキスプレス・カードの審査が不安であっても、アメックスカードのETCカードはETCパーソナルカードと比べてもコストがかからないので、ETCパーソナルカードに申し込む前に挑戦してみる価値は十分にあります。

総合的にどちらのETCカードがお得か?

前章でETCカードを作成するなら、 アメリカン・エキスプレス・カードが経済的にお得である事がわかっても、 Cの審査についてはどうなのかと首を傾げてしまうところです。

アメックスカードの審査は一般のクレジットカードと比較して敷居が高いカード

一般的なクレジットカードは「18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方」 「18歳以上(高校生不可)」といった申し込み条件となっています。

一方でアメックスカードは、原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある方、また他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞のない方であれば、審査を受けることができます。なので、一般的なクレジットカードと比べ敷居が高いですが、初年度年会費無料で豊富なサービスを受けられるので、アメックスカードの申し込みを試してみる価値は十分にあります。

このコラムではETCカードに着目して比較を行いましたが、アメックスカードはこのETC追加カードに付帯して、ポイントプログラムや、カード加入で自動的に無料付帯する海外・ショッピング保険等の特典がついてきます。

これらの特典は、ETCパーソナルカードにはありませんので、 アメックスカードだけについてくるメリットなのです。


初期費用
  • クレジットカード作成料は無料 (家族カードも作成料は無料)
年会費
  • 年会費は初年度無料
    12,000円+消費税 (家族カードは6,000円+消費税)
発行期間
  • 約2週間
ポイント還元率
  • 通常利用でも100円で1ポイント (ETCカードの利用でも同様に付与)
ポイント有効期限
  • ポイント有効期限は実質無期限

アメックスカードは維持費のかからないETCカードを持てるだけではなく、得られる特典は非常に多いのです。

ETC利用でついてくるアメリカン・エキスプレス・カードのポイント

その中でも特に特筆すべきなのは、アメリカン・エキスプレス・カードは同居家族まで対象とする旅行傷害保険、手荷物宅配サービス、ポーターサービス(出発時、帰国時に荷物を運んでくれるサービス)、空港クロークサービスなど無料のサービスも充実しているほか、宿泊先でカードを提示することで優待サービスが受けられるという事です。 付帯ETCカードでETCを利用する場合ももちろん例外ではありません。

これにより、具体的に下図のようなサービスを受けられます。


ポイント利用方法 特典内容
アメリカン・エキスプレス・コネクト
  • アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを持っている会員限定で受けられる優待や割引の情報、 加盟店情報、ショッピングでのキャッシュバックや割引など、優待情報が載っているサイトです。
アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • ショッピング/旅行/グルメなど、国内外にわたって会員限定の価格やサービスを受けられる特典があります。
ダイニング・トレンド
  • アメリカン・エキスプレスとグルメ情報サイトの「ぐるなび」が共同開発したレストランの検索サービスのことで、 会員限定での優待特典やキャンペーンを用意している店舗を紹介しています。 また、 「ダイニング・ア・ラ・カード」を飲食でカード利用した場合に最高20%キャッシュバックサービス
コットンクラブ/新国立劇場
  • 東京・丸の内にあるエンターテイメントクラブ 「COTTON CLUB」ならびに新国立劇場で、カード会員限定の割引や優待を受けられます。

その他にも充実したサービスがあり、これだけのメリットがあるにも関わらず、初年度年会費無料というのですから、アメリカン・エキスプレス・カードを検討しない手はないでしょう。

ETCカードの作成で迷っている方は、是非一度アメリカン・エキスプレス・カードの申込みを検討してみて下さい。

ETCパーソナルカード前にアメリカン・エキスプレス・カードを検討しよう

アメリカン・エキスプレス・カードは驚きのサービス特典で大人気のクレジットカード。
初年度無料なのに無料のサービスも充実、さらにETCカードも年会費無料という内容は他のカードと比べても特別な価値のある1枚として知られています。

ETCパーソナルカードはコストが割高になるので、そのETCカードを持つ前に一度アメリカン・エキスプレス・カードを検討しておきましょう。ETCパーソナルカードを考えるのはそれからです。

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引
  • 公共料金支払い
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード