• HOME > 
  • 特集コラム > 
  • 楽天カードの審査をクリアするために必要な対策法

楽天カードの審査をクリアするために必要な対策法

楽天カードが選ばれる理由とは?

審査などに不安がある方がクレジットカードをどれにするかで迷っている時に、インターネットで検索すると、楽天カードは必ず見受ける代表的なカードです。

クレジットカードの審査を申し込んだのに、審査に落ちてしまった経験がある。自分の与信に自信がなく、審査を受ける事に不安を感じている。

そう感じているときほど、審査が柔軟なクレジットカードを検索し、【楽天カード】や【アコムマスターカード】等のカードを目にしていると思います。

しかしながら例えば、アコムマスターカードはご存知の通り、アコムの発行するクレジットカードですから、消費者金融のカードである事に、拒絶感を感じてしまっているのではないでしょうか。

その点、楽天カードであれば、信販系や銀行系が発行している一般的なクレジットカードとなりますので、その辺の心配はありませんが、いくら審査が柔軟なカードと言われていても、クレジットカードには間違いありませんので、必ず審査が行われます。

そこで「やっぱりムリかも…」と思ってしまうひともいることかと思いますが、諦めはまだ早いです。
実は楽天カードには申込みをスムーズにできるコツがあるのです。

楽天カードを申込む対策とコツとは?

今回のコラムは、できるだけクレジットカードの取得確率を上げるための色々な方法を紹介して行きますので、まずはコラム全体を読む事で選択の幅を広げてみて下さい。

インターネットを見ていると、楽天カードの取得可否等の体験情報などが紹介されている事があり、これから楽天カードを申込もうという方にとっては、貴重な情報源になっていると思います。

しかしながらこれらの「口コミ情報」は個々の情報が手に入る一方で、注意しなければならない点もあります。

それはまず、口コミ情報はあくまで「個人の掲載する情報」であって、その真偽性には社会的に責任を負う必要はないという事です。

悪く言えば、例えいい加減な事を書いても、その発言は個人の自由だという事です。
もうひとつは個人の情報が、自分にも同じ事が起こるとは限らないという事です。

不安になるとつい、審査の結果ばかりが気になり、情報を冷静に見る事が難しい面がありますが、審査に対する考えは、あくまで個人情報で判断せず、論理的に根拠をもって対処を行う事が良いでしょう。

基本的に楽天カードは、確かに審査が柔軟ではありますが、審査が「甘い」訳ではありません。
あくまで審査はしっかりと行われていますので、それに対応した対策を事前に準備しておくべきです。

そんな方のために、より審査に通過できる確率を上げられるように、審査対策の要点をまとめてみました。

審査対策その1 【電話番号の記入は必ず固定と携帯を記入しよう】
審査対策その1 連絡先は固定電話を記入する事で、クレジット会社への信頼感が増します。携帯電話は移動が自由なため所在の確認としては効果がありません。携帯電話はあくまで、継続支払いをしている実績の1つとしての評価だと考えましょう。
審査対策その2 【カード利用金額の返済はあえてリボ払いで選択】
審査対策その2 クレジット会社に取って通常の一括支払いと、リボ払いでは、リボ払いの方が利率が高くなります。このリボ支払い選択はカードの発行後に、すぐに一括払いに戻す事が可能ですので、申し込み時の記載は、あえてリボ支払いにしておきましょう。
審査対策その3 【利用可能額の希望額は出来るだけ少額にする事】
審査対策その3 ここで言う利用額とはキャッシング利用額の事を指します。キャッシング利用額が大きければ、与信がそれだけ厳しくなり、ハードルが上がってしまいます。わざわざ審査を厳しくなる必要はありませんし、カード利用実績が付けば、自然と可能額は上がります。
審査対策その4 【申込時に記載する記載内容は正確に記載の事】
審査対策その4 審査が柔軟であっても、クレジット会社は最終的に必ず個人情報センターに、申込者の個人記録を確認します。仮に誤記や嘘があった場合、審査に致命的な悪影響を及ぼしますので、記載内容は現実に合った、正確な内容を記載する事が大事です。
審査対策その5 【少しでも審査得点を上げるために楽天を利用しよう】
審査対策その5 楽天市場のシステムには会員ランクがあります。この会員ランクを上げるためには、楽天市場を利用し、支払い実績等を作っておく事が大事でしょう。また、楽天側からすると、やはり利用者はお客様ですから、囲い込みをしたいはずなのです。

これら5つの対策を取れば、必ず審査を通過する事ができるというものではありません。
でもこの5つの対策をとることで【確実に審査評価を上げる】こともできるということです。

やはり審査に不安を抱える以上、「明確に根拠のある対策については、その全てをしっかりとやっておく」事が、審査に通過するためにやるべき事であるのは間違いありません。

楽天カードに申し込むときは、できる限りの対策をしっかりと行い、万全な内容で審査に望むようにしましょう。

審査が柔軟でカードスペックが楽天カードに匹敵するカード

クレジットカード会社の中では、審査も柔軟で取得しやすいと言われている楽天カードは、狙い目のカードである事には変わりありません。

しかし、最近同じ審査の柔軟性を持ちながらも、楽天カードのサービスの内容を大幅に上回るクレジットカードが出てきています。

そのカードはJCBが提供する【JCB EITカード】です。

このカードの特徴は、審査の柔軟性もさる事ながら、特典サービスが非常に充実しているカードなのです。
ではこの2枚のカードの概要や特徴を比較してみましょう。


  JCB EITカード
JCB EITカード
楽天カード
楽天カード
カード発行期間
  • 申込から1週間
  • 申込から1〜2週間
申込条件
  • 18歳以上の国内在住の方
  • 電話連絡が可能な方
  • 18歳以上の国内在住の方
  • 電話連絡が可能な方
年会費
  • 永年年会費無料
  • 永年年会費無料
付帯保険サービス
  • 海外保険 自動付帯(最大2,000万円)
  • ショッピング補償保険(最大100万円)
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
追加カード
  • ETCカード(年会費無料)
  • ETC(年会費525円)
キャッシング利用
  • 10〜100万円
  • 利率15%〜18%
  • 10〜100万円
  • 利率18%
ポイントプログラム
  • 1,000円=2ポイント
  • ETC利用でもポイント2倍
  • 携帯電話・通信料支払いでもポイント2倍
  • 専用ネットモール利用でポイント最大20倍
  • 1,000円=10ポイント
  • 楽天市場利用でポイント2倍
  • 週末のカード利用でポイント3倍
  • レストラン、居酒屋等の利用でポイント2倍
  • ポイント加盟店でのカード利用でポイント3倍
  • 月に2回の優待キャンペーンでポイント最大10倍

この比較表が示す通り、楽天カードとEITカードは審査の柔軟性が同じ水準にあるだけではなく、その特典やサービスについてもほとんど変わらないサービス内容となっています。

審査の柔軟なクレジットカードはただでさえ少ないので、審査不安ならEITカードを選択するのもひとつの方法です。

どのカードを選択するのが最もお得な選択か?

審査の柔軟性においては、同水準の2枚のカードですが、実は特典内容においては、若干EITカードの方がサービス内容が充実しています。

ポイントプログラムは楽天カード、EITカード共にそれぞれ特徴のあるサービスを展開していますので、互角の内容となっていますが、自動付帯保険や、ETCカードの年会費等、全般的な特典サービスにおいては、EITカードがより優れているのです。

カードの同時申し込みは与信上あまり良くないため、よりサービス内容の良いEITカードを申込み、万が一審査に落ちるような事があれば、一定の時間を置いてから楽天カードを申込むといった方法を取るのも、ひとつの方法です。

では、ここでEITカードのサービス内容をもう一度おさらいしてみましょう。


  内容 備考
カード発行
  • 申込からおよそ1週間
  • オンライン申込も可
年会費
  • 永年年会費無料
  • 家族会員についても永年無料
キャッシング利用枠
  • 10〜100万円
  • 内リボ・分割10〜100万円
  • 内キャッシング0〜50万円
  • キャッシング利用枠は別途審査の結果で決まる
追加ETCカード
  • 年会費無料
  • 本体・ETCともに無料
ポイントサービス
  • 通常ショッピングで1,000円=2ポイント
  • 専用ネットショップ利用でポイント最大20倍1000=40ポイント
  • Oki Doki ランド
    「Oki Doki ランド」を経由して買物をするだけでポイントが最大20倍
  • eショッピング広場
    会員専用WEBサービス「MyJCB」にログインし、「eショッピング広場」で買物をすると、登録会員限定優待(ポイント倍付けなど)
付帯保険
  • 海外旅行障害保険最高2000万円 自動付帯
  • ショッピング保険サービス100万円
  • カード申込で自動付帯
JCBでe安心制度
  • オンラインの不正取引損害補償
 
申込審査
  • 継続収入のある18歳以上の方
  • アルバイト、パートの方でも申込可能

EITカードは、審査が柔軟で年会費無料の上、様々な特典がある他に手厚いポイントプログラムがあるというメリットを考えた場合、非常に有能なクレジットカードだと言えるでしょう。

特に誰でも毎月支払いのある現金支払いを、カード支払いに変更することで、1年間で貯まったポイントは、キャッシュバックシステムを利用すると、Oki Dokiポイント 1ポイント=4.5円でキャッシュバックが可能です。(1000ポイント以上の応募に限る)500ポイントからもキャッシュバックサービスがありますが、その場合1ポイント=3円となります。

余計に出費がなく、これだけの現金還元があるEITカードはおすすめの1枚だと言えるでしょう。

JCB EITカードの特徴のまとめ

その1
審査は柔軟で、アルバイト、パート勤務の方でも継続収入があれば申込可能
その2
年会費は永年無料、また家族カードも永年無料
その3
ETC追加カードについても年会費無料
その4
ポイントプログラムは1,000円=2ポイント、他に複数のボーナス特典が付与される
その5
保険は自動付帯で海外障害保険(最高2,000万円)とショッピング保険(最大100万円)が付帯
その6
オンラインの不正取引については損害補償が自動付与

クレジットカードを持つための効率の良い流れ

EITカードに申し込む
EITカードは楽天カードよりもカードスペックが上、なのに楽天カード同様に「柔軟審査」として知られています。なので本命としてこちらを先に申し込みます。

EITカード所得ならOK、EITカード審査落ちならBへ

審査落ちから半年程、月日を置いて楽天カードに申し込む
立て続けにカードの申込みをすると、その分、申込み履歴の情報が積み重なっていき、審査落ちの場合はその情報も記載されていきます。あまりいい印象は与えませんので、少し間を置くというのも立派な対策です。

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引
  • 公共料金支払い
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード