カードのキャッシング枠を上手に使い切る3のコツ

クレジットカードのキャッシング枠を知っておこう

普段の生活のなかで、急に現金が必要になったりする事は意外にある事です。しかもそんな時に限って突然の出費だったりします。そんな時に皆さんはどうしますか?

親や兄弟を頼って、お金を借りられる方なら良いでしょう。でもそんな相手がいない人も少なくないのではないでしょうか。例えいたとしても進んで借り入れをしたくないという方もいる事でしょう。

トラブルがなくてもそんな事をするのは気まずいと思うのは、ごく普通の感情ではないでしょうか。
できるだけ「自分の中で収めてしまいたい」と思う足りないお金…。そんな時に便利なのがクレジットカードによるキャッシングです。
クレジットカードのキャッシングの利点は、まず借り入れに審査が必要ない事です。
また、海外旅行に行く場合はクレジットカードのキャッシングの方が現地で貨幣交換を行うよりも、安全面や手数料の面でメリットがあります。特に海外旅行に行く場合、クレジットカード会社に相談をすればキャッシング利用枠の増額要請に期間限定で対応してくれることも。

クレジットカードのキャッシングのメリット

その1
キャッシング時にいちいち審査が必要ない。(但し利用限度額の範囲内)
その2
海外旅行でのキャッシングは安全面や手数料を考慮するとメリットが大きい。
(海外でキャッシングができるのは、クレジットカードだけ)
その3
海外旅行に行く場合はキャッシング利用枠の増額要請に対応してくれる。

カードを1枚持っていればすぐに利用ができ、海外キャッシングにも使え、増額にも応じてくれるという、とても便利なクレジットカードのキャッシングですが、ところが、実は皆さんが考える程、自由に使えるお金が利用できる訳ではありません。

それはキャッシング利用枠は、与信とあまり関係なく、スタート時にはたった10万円程度の利用枠しか与えられないからです。 キャッシング枠は利用すればその回数と返済実績によって、借入金額が増額されます。
そして増額された場合に、与信の良い方は、将来上限がより高く設定されるというメリットがあります。

これらをまとめるとキャッシングは、スタート時にはあまり与信が関係しない事、あくまでキャッシングのみの利用実績でしか、利用金額は増額されないという認識を持っていた方が良いでしょう。

クレジットカードのそれぞれのグレードについて、キャッシングの初期利用枠を一覧にしましたので、参照してみましょう。


  キャッシング利用限度額 キャッシング年利
(元利一括払い)
三井住友VISAゴールド
三井住友VISAゴールド
〜50万円
※審査内容で利用金額は限度額内で決まります
15.0〜18.0%
三井住友VISAクラシック
三井住友VISAクラシック
〜50万円
※審査内容で利用金額は限度額内で決まります
15.0〜18.0%

この表を見ても分かる通り、キャッシング利用枠はカード会社によってのばらつきがありますが、概ねどの会社でもキャッシングが利用できる金額はほぼ同じです。

表示金額は限度額ですので、実際にはそれよりもかなり低い金額と考えておかなければなりません。 ここで注目しなければならないのはゴールドでも、一般カードでも、会社毎ではその限度額が同じで、金利もやはり同じだという事です。
そして、クレジットカードのキャッシング利用であまり意識されていないのが、借りた金額に上乗せされる「利息」です。

この利息はATM手数料とは別のもので、借りた金額に%をかけて上乗せされていき、利用の仕方によっては利息ばかりを返済し、借り入れ分が一向に減らないといった問題も起こってきますから注意が必要です。

クレジットカードのキャッシングには「簡単に借りられる」というメリットがある分、利息がかさむといったデメリットもあるということを知っておきましょう。

意外に知らないカードキャッシングの利息

クレジットカードのキャッシングを利用するときは、その利用金額についてくる金利(利息)の事を考えておかなければなりません。

お金の問題に直面しているときは、ついつい借り入れる事ばかりに目が行きがちですがクレジットカードのキャッシングは、決して低い金利ではないのです。

金融法改正によって、クレジットカード会社は貸金業者登録をしている会社に分類されていますが、この貸金業法に分類される会社の金利上限は20%と決められています。また借入総額は利用者の年収の1/3以下にしなければならないという条件が付いてくる事も覚えておいて下さい。

図を見ても分かる通り、例に上げたクレジットカード会社は、いずれも上限18%の金利となっています。これはほとんどどのクレジットカード会社でも、ほぼこの金利となっています。

これは【消費者金融から借り入れをした場合のほぼ上限値と同じ金利】になっているということを知らないひとも多いのではないでしょうか。

クレジットカードは低金利。消費者金融は高金利というイメージをつい持ってしまいがいですが、実はそうではないのです。
クレジットカードの金利は決して、低い金利とは言い難い利率なのです。

仮にキャッシングを目一杯行った場合に利用枠の上限に達してしまい、返済が苦しくなったので新たにカードを作る様な事になってしまった状況に陥った場合は、債務が知らず知らずの内に雪だるま式に増え、かなり危険な状態と考えておかなければなりません。

消費者金融からお金をキャッシングしているのとは違い、クレジットカード会社であれば体裁も良いため、ついつい借り入れる場合があるかもしれませんが、あまりクレジットカード会社でのキャッシングはお勧めできるものではないのです。

もしクレジットカードをキャッシングメインとして使うのであれば、クレジットカードのほかに、金利の低いキャッシング先のカードを1枚持つことで、今まで以上に計画的に利用することが可能となってきますので、そちらを検討してみましょう。

ポイントは【クレジットカード・消費者金融よりも金利が低く】【安心感があり】【キャッシング専用として使える】ところを選ぶということです。

利息を抑えて使うキャッシング法

クレジットカードのキャッシングを利用せず、上手に利息を抑えたキャッシングの利用法は他にもっと良い方法があります。
それはクレジットカードでキャッシングをせず、信販系銀行カードローンを利用する方法です。
銀行系カードローンであれば、体裁も良いですし、なんと言っても銀行系ですので、金利が低く、また総量規制の対象にならないというメリットがあります。
銀行系と聞いて、審査が厳しいのではないかと不安になる方もいるでしょう。
しかし銀行系にも色々な系列があり、うまく銀行を選択する事で、柔軟な審査を行っている場合もあるのです。
それが、信販系の銀行カードローンです。

信販系銀行は金融法改正後、銀行業務に参入してきた銀行で、基本的に無店舗経営でインターネットの利点を最大限に活用した方法で取引を行っています。

このため、既存の店舗運営をしている銀行よりもコストがかからない分利益率が高く、その余剰利益をサービスに転化できている訳です。

つまり、信販系銀行のカードローンは、金利ひとつとっても格段に低く、コストをかけていない分、とても魅力あるサービスを提供しているということです。

キャッシングメインであればなおさら、信販系銀行カードローンはチェックしておくべきです。

カードのキャッシングよりも使いやすいキャッシング

信販系銀行で今もっともサービス内容が良く、当サイトでおすすめできるのがオリックス銀行カードローンです。
ではこのオリックス銀行カードローンの概要を紹介しましょう。


オリックス銀行カードローンの特徴

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
  • 金利は、業界最低水準の年利3.0%〜17.8%
  • ご利用限度額は最高800万円
  • 業界最低水準の月々7,000円からのご返済
    ※借入残高30万円以下の場合

オリックス銀行カードローン申込条件

ご利用いただける方 年収200万円以上で、申込時の年齢が満20歳以上65歳以下の方、国内在住の方
資金使途 自由(ただし、事業性資金にはご利用いただけません)
ご利用限度額 最高800万円(10万円単位)
金利 年利3.0%〜17.8%
利息計算方法 付利単位1円とし、1年を365日とする日割り計算とします
遅延損害金 お借入残高に対し借入利率+2.1%(年率)
担保・保証人 不要(オリックス・クレジット株式会社の保証が受けられる方を契約条件とします。)
保証料・手数料 不要
口座開設 不要

オリックス銀行カードローン金利条件一覧

2013年10月1日現在

コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 3.0%〜4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 6.1%〜12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 9.0%〜14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%〜17.8%

年利(利息)は最低3.0%から17.0%、融資額は最高800万円、返済は月々7,000円とキャッシングを上手に使っていきたいひとにとって「借りる・返す」のバランスがとても良く、使いやすいの一言に尽きる内容となっています。

要チェック

例えばクレジットカードの年利18.0%、オリックス銀行カードローンの年利17.0%で50万円のキャッシングをした場合。※返済は12か月、月払い

クレジットカード毎月の返済額/45.839円

オリックス銀行ローンカード毎月の返済額/45.602円

パッと見ると差額は237円で、そんなに開きがないようにも思えますが、 12か月(1年)の返済として計算してみると、1年間で2.844円の差額がでるのです。 利息はたった1.0%の違いです。それでもこれほど返済金額に差が付いてくるのです。

オリックス銀行カードローンには金利が低いといった以外にもメリットが豊富にあります。例えば審査についても非常に柔軟で年収が200万円を超えていれば、アルバイトやパートの方でも審査を受ける事が可能です。

またオリックス銀行カードローンに加入すると、オリックスグループのサービスの割引、無料優待もついてきますので、ショッピングはクレジットカード、キャッシングは銀行系ローンカードを利用する様な目的に合わせた使い分けをすることで、カードのキャッシングを上手に使うことができます。

オリックス銀行カードローン特徴まとめ

その1
審査が柔軟で、最短即日判明。アルバイト、パートでも年収が200万円を超えていれば申込可能。
その2
金利は業界最安値水準。借入金額で金利が段階的に変わるため、非常に利用しやすい。
その3
借入可能限度額も、業界最高金額水準。300万円以下の利用であれば、所得証明不要。
その4
利用目的は、事業資金目的意外であれば自由。ネット利用で24時間融資対応可能。
その5
担保・保証人・手数料は一切必要なし。
その6
カード会員に加入すると、オリックスグループ利用で割引や優待サービスを無料で受けられる。
その7
口座開設も不要。返済は7,000円からと、利用者に優しい返済配慮。
まとめ
クレジットカードのキャッシングは確かに便利ですが、 返済もしっかりしていきたい、計画を持って利用したいのであれば、 オリックス銀行ローンカードがおすすめです。

使い分けで年間2.844円を抑えられるキャッシング

オリックス銀行カードローンは最低金利17.0%。それでもクレジットカードのキャッシング金利よりも1.0%低いので、利息を抑えることができます。
審査も柔軟で、アルバイトやパートでも申し込めるので試す価値は十分にあります。
一度作れば、手軽に使うことができるのも魅力的。

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引
  • 公共料金支払い
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

全コラム一覧