• HOME > 
  • 最短即日で発行できる年会費無料のETCカード

最短即日で発行できる年会費無料のETCカード

即日発行できるETCカードのメリット

ETCは高速道路の自動料金支払いシステムの事を指します。
ETCを利用すると高速料金をわざわざ支払わずとも、自動的にセンサーによって料金が読み込まれ、カードを通じてその料金が口座から自動引き落しになります。

利用が義務化されていない為、導入当初は利用者も少なかったのですが、高速料金の割引制度が出てきた事や渋滞知らずの通行が可能なこともあり、最近は非常に普及してきています。

そもそもETCカードはこの高速料金の支払いのみを目的に作成されたのですが、その決済システムがクレジット機能に酷似していることから、ETCはクレジットカードの追加カードとして設けられるようになったと言われています。

高速道路を活用する方、車の利用の多い方については、ETCカードを所有することで、利用料金を一括にすることができる便利アイテム。

しかし最近はETCの認知度・普及率も上がり、元々無料で発行されていたETCカードも年会費を取る会社も増え、クレジットカードと同様に発行までの時間がかかるところも出てきました。

「ETCカードに年会費を払いたくない」
「ETCカードがすぐにほしい」

ここまで読んでそう思った方は、今のうちに年会費無料で即日発行が可能なETCカードを作成しておくことをおすすめします。

このコラムでは「年会費無料」「即日発行」を特色としているETCカードの選び方を紹介していきます。

年会費有料と無料のETCカードの違いは?

その紹介の前にまず、ETC有料カードと無料カードには一体どのような違いがあるのかを確認しておきましょう。

実はETCカードの有料・無料にはそのカード自体の機能や特典には差がありません。
年会費525円のETCカードでも年会費無料のETCカードでも使い勝手は同じということになります。

…つまり、無料のETCカードを利用する方が断然お得
ただ、ETCカードは基本的にクレジットカードの追加カードとして発行されるため、無料であれば単純にメリットがあるとも言い難い部分があるのです。従って、よりお得なETCカードを選択するためにはその辺りも検討しながらどのクレジットカードのETCカードを選択するか、という事が大事になってきます。

この観点から当サイトではアメックス・エキスプレス・カードとVIASOカードをお勧めします。

ETC付きクレジットカード各社比較

  クレジットカード
他有名クレジットカード会社
VIASOカード
アメリカン・エキスプレス・カード
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISA
クラシックカード
クレジットカード
年会費 年会費本人:7,350円
家族会員:2,625円
12,000円+消費税 初年度年会費無料
次年度以降本人:1,200円+税
家族会員:420円
※翌年度以降も条件付き無料
ポイント特典 1,000円利用で1ポイント 100円利用で1ポイント 1,000円利用で1ポイント
利用限度額 〜80万円 個別設定 〜100万円
発行期間 発行まで1ヶ月弱 約2週間 最短3営業日
ETC
発行期間 発行まで1ヶ月弱 約2週間 約1週間
年会費 年会費無料 無料 525円
ETC特典 特になし

【ポイント有効期限 実質無期限】貯めたポイントをマイルやホテルグループのポイントへ移行

特になし

アメックスカードアメックスカードのETCカードは会費が無料でETC料金に対しても100円単位から付与されるため、ポイントが貯まりやすい、また信頼度が高いカードであるため、持っていること自体がステータスとなるのが特長です。


三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAカードはETC年会費525円ですが、本体カードは最短3営業日で発行できるのが特長で、リボ払い設定の条件をクリアすれば翌年度年会費を無料にすることができます。

ETCカードを持つなら、年会費無料を選んでおきましょう。

充実したサービスでもっともお得なクレジットカードとは

一覧を見ても分かる通り、アメックスカードは初年度年会費が無料であるにもかかわらず、他社のETCカードと比較してもサービスが充実したカードです。

当然ながらETCカードはクレジットカード付帯カードですので、その意味でもアメックスカードはメリットが大きいと言えます。

アメックスカードのETCカードを選ぶ4つのメリット

その1
ETCカードの年会費無料
その2
提携店で利用するとポイント最大5倍
その3
信頼度とステータス性が高い
その4
100円単位から付与されるため、ポイントが貯まりやすく、貯めたポイントをマイルやホテルグループのポイントへ移行できるため、旅行の際に便利

アメックスカードまた、アメックスETCカードを利用すると、本体カードと同様に100円につき1ポイントが加算されます。貯まったポイントは有効期限が実質無期限で、じっくり貯めてマイルへ移行することもでき、1ポイントあたり1マイルに相当します。

ETC その他にも、ホテルグループのポイントへ移行できるため、旅行の際に便利です。例えば、平日昼間にETCを使用して東京IC〜東大阪北IC間を走行する場合の有料道路料金 片道11,210円×2=往復22,420円 100円あたり1ポイントで換算すると、付与されるポイントは224ポイントとなります。

使う頻度が高いほど、また走行距離が長いほどポイント=マイルが貯まりやすいということがわかります。

そして、三井住友VISAカード自体は、通常のショッピングで1,000円毎に1ポイントが還元される仕組みですが、特にインターネットで、ポイントUPモールを利用したネットショッピングでは、実にポイントが最大20倍になるという特典を持っています。

ETCカードのみの利用でもETCカード利用ならポイントは2倍ですので、三井住友VISAカードもポイント還元率の高いカードといったところで大変人気のあるカードです。


VIASOカード
アメリカン・エキスプレス・カード
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISA
クラシックカード
発行日数 申込みから約2週間 申込みから最短3営業日
※関連口座を持つ場合即日可能
年会費 12,000円+税 1,200円+税 ※条件付で無料
還元率 ポイント還元率は0.5% ポイント還元率は0.5%
ポイント
  • 入会特典で利用金額に応じて17,500ポイント獲得
  • 提携店で利用するとポイント最大5倍
  • ポイント有効期限が実質無期限
  • 旅行傷害保険が家族も対象となっている
  • 他のゴールドカード級のサービスが受けられる魅力的な1枚
  • 通常は1,000円毎に1ポイント

ETCカードは使うところを考えて選んでみよう

クレジットカードを始め、ETCカードについてもカード選択を行うには、利用者のライフスタイルや利用シーンに合わせて選択する必要があります。
アメックスカードであればクレジットカードのみならず、ETCカードの利用でも、100円につき1ポイントが加算されます。また旅行傷害保険や空港での便利なサービスが豊富で海外旅行を考えている方などについては最もピッタリのカードと言えます。

ETCの利用についても、他社のETCカードと比較してポイント還元率が概ね倍になっていますので、特に高速道路の利用の多い方は、乗れば乗るほどメリットが増え、お得感が大きくなります。

ポイント期間が1年とは言え、自動的にキャッシュバックされるシステムは、ポイント交換が面倒な方やうっかりしたミスの多い方でも安心して利用できます。

また、ビアソカードであればETCのみならず、クレジットカードの利用、特にネットショッピングの利用が多いという方、またポイント還元率やポイントの有効活用を考えている方などについてもピッタリのカードと言えます。

ポイント期間が1年とは言え、自動的にキャッシュバックされるシステムは、ポイント交換が面倒な方やうっかりしたミスの多い方でも安心して利用できます。

初年度
年会費
年会費 ETC年会費 発行期間
12,000円+税 12,000円+税 無料 約2週間
還元率 海外
旅行保険
国内
旅行保険
ショッピング 保険
0.5% 最高5000万円 最高5000万円 年間最高
500万円

アメックスカードならETCカードの年会費無料 ! それでいてキャッシュバック率も◎!
使い方によってはポイント還元率最大10%以上にも!

旅行にも便利なホテルグループのポイント移行もできて、ステータス性もほしい…
そう思ってカードを探すなら、美味しいどこ取りのアメリカン・エキスプレス・カードを迷わずチョイス !
アメックスカードなら初年年会費無料で提携店で利用するとポイント最大5倍、さらに旅行傷害保険がご家族にも対象となっています。