アメックスカードの審査を通す5つの条件


アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード


お申し込みはこちら

申込前に「入会資格」を確認しておくことで発行率を上げる



年齢も20代後半以上となり、30歳代、40歳代となってきた方は、会社からの肩書ももらい地位があり、付き合いや接待での飲食、恋人や家族とのお出かけなどでクレジットカードを使うシーンも多くなってきていることでしょう。


クレジットカードは使っている方の個性を表すと言っても過言ではなく、 楽天カードのようなポイントプログラム特化型であれば「ポイント好きな方」と見られたりもします。


年齢や肩書を考えると「いま、ポイントを集めているんだよね」とは言いづらく、 部下たちにちゃっかり者なんだなと思われるようなクレジットカードを出すのは気が引けるものです。


そこである程度の年齢を重ねた方に選ばれ、人気のあるカードが「アメックスカード」です。 アメックスカードは持っている人に優越感を与えるほかにも、部下や友人に憧れを持たせ、どこで出しても恥ずかしくないというメリットがあります。


いわばアメックスカードは自分のステータスを表し、 1枚あれば末永く使っていくことができます。

そんな誰もが憧れ、自分のステータスを上げることができるアメックスですが、 ステータス性が高いだけに、申込時に勇気のいるクレジットカードでも知られています。


その1

申込基準は20歳以上、定職がある方
※パート、アルバイト不可。

その1

年収と勤務先
※一流企業、公務員、など優遇。

その1

勤続年数・居住年数
※長ければ長いほど良い。



年会費や付帯サービス、ネームバリューから年会費無料のように気軽に申し込めるものではなく、審査に通るのか通らないのか、所有できるのかできないのかがとても気になってしまうでしょう。


そこで、不安にならないように、申込前には審査基準を必ずチェックしておきましょう。

実は最低限の審査基準は「入会資格」に書かれていますので、 しっかりと見ておくことが、審査対策のひとつなのです。


審査を有利にする5つのポイント

クレジットカードは収入があれば申し込める、家族に収入があれば申し込めると思っている方がほとんどですが、実はクレジットカードには必ず、入会資格、または申込資格があります。


これは前提に「入会できる方、申込みできる方を指定」しているところですから、きっちりと確認しておきましょう。


住所はもちろん、勤務先住所、自宅電話・携帯電話・会社電話番号、記入できる箇所はとにかく正確に記入していきましょう。

入会資格
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
  • ・年齢が20歳以上の方
  • ・日本国内に定住所をお持ちの方
  • ・日本国内で定職、定収入をお持ちの方
  • ・他のクレジットやローンで延滞が無い方
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ・年齢が25歳以上の方
  • ・日本国内に定住所をお持ちの方
  • ・日本国内で定職、定収入をお持ちの方
  • ・他のクレジットやローンで延滞が無い方


入会資格をクリアしている方はアメックスカードを所有できるチャンスがありますので、審査を有利にする5つのポイントを確認しておきましょう。



その1
グリーン色のアメックスであれば20歳以上であること、 ゴールド色のアメックスであれば25歳以上であること

その1
日本国内に定住所を持っていること。

その1
日本国内で定職、定収入がある方で、 パート、アルバイト、契約社員、派遣社員といった臨時的な雇用ではなく、正社員であることが前提。勤務年数は長いほど有利になります。

その1
他のクレジットやローン等の支払いがある場合、延滞無く支払っているのかどうか。延滞や滞納がないことが条件となっていますので、支払いに余裕のない方は申込ができません。

その1
電話番号は自宅の固定電話(定住、電話料金を支払っている証明)勤め先(会社勤めしている証明)携帯電話(支払いがされている証明)と3か所あれば信頼度が増します。


アメックスカードはステータス性があるからこそ、申込者のステータスも重視しますので、 勤務先、勤務年数、支払いの延滞がないかは特に大切なポイントです。


グリーンはゴールドよりも狙いやすい!? に迫る



入会資格を見て、自分はゴールドカードも申し込めそうだと思った方もいることでしょう。 アメックスゴールドカードはグリーン色のアメックスカードよりもハクがあり、持ったときの優越感はたまらなくありますが、通常のクレジットカードよりもゴールドカードの方が審査は厳しくなっていることを忘れてはいけません。


それはどうしてか。

ゴールドカードは年会費が高い分、付帯サービスが増えている、利用限度額が大きくなっているなど、通常のクレジットカードと比べ利用できるサービスが多くなっているからだとも言えます。


またゴールドカードの審査に落ちてしまって、すぐにグリーン色のアメックスに申し込むと短期間での申込履歴がついてしまうため、「このひとはどうしてもアメックスカードが欲しいんだな」というよりも「どうして短期間の間にクレジットカードを欲しがるのだろう」というように見られてしまいます。



クレジットカード会社側はあくまで「きちんと返済をしてくれるひとかどうか」を見ていますから、マイナスイメージからの審査になることは忘れないようにしましょう。


Point1
そこでおすすめなアメックスカードの取得方法が、グリーン色のアメックスカードから申込んで利用してみることです。

そうしておけば、よくよくはゴールド、プラチナカードへの招待を受けることができるからです。

招待(インビテーション)は、誰でもいいから送っているものではなく、クレジットカード会社側が「このひとなら信頼できるので所有してもらって構わない」と決めたひとのみに送られるものなので、招待を受けたのに審査に落ちたということは、その過程でよっぽどのこと(延滞や滞納、事故)などがない限りはないことだと思っても良いでしょう。


アメックスカードを持ちたいのであれば、 グリーン色のアメックスカードから始めてみて、次にゴールドカードを所有できる方法もあることも忘れずに、焦らないでおきましょう。


アメックスカードとアメックス・ゴールド・カードの選び方

アメックスカードにこれから申込みをしようと考えている方は、 自分がグリーンとゴールド、どちらのカードが最適なのかを確認にしておきましょう。


アメックスカード(グリーン)がおすすめな方

その1
アメックスカード初心者 本物のアメックスカードを持ってみたい、 ホルダーになってみたいという方は、まずはこちらから。

その2
アメックスの会員サービスを試してみたい方 エンターテイメントをはじめ、旅行でも使えるアメックスのサービスを試したい方におすすめ。本カードだからこそ使えるサービスがいっぱいです。

その3
年会費がネックとなっている方 アメックスカード(グリーン)は、年会費が12000円+消費税です。 月割りで考えると1カ月1000円+消費税の計算になります。 アメックスカードの年会費が高いとなかなか申し込めないでいる方は、年会費をこう考えてみてはどうでしょうか。

その4
定職があるけれど勤務年数が3年未満など、転職をして間もないといった不安がある方 正社員ではあるものの、勤務年数が長くはない。 20代で肩書がついたなど、ヘッドハンティングで転職後に役職についたなど、収入に不安がないが、勤務年数に不安があるときはグリーンからはじめて、ステップアップを図っていきましょう。



アメックス・ゴールド・カードがおすすめな方

その1
年収があり、ゴールドカードに憧れている方 年収があり、一般のクレジットカードからゴールドカードへレベルアップを考えている方は、見栄と自己満足を優先して迷わず申込んでみるのが良いでしょう。

その2
出張や旅行が多い方 アメックスゴールドは会員サービスも豊富ですが、旅行保険も手厚くなっています。 万が一に備え、ゴールドカードを選ぶときはアメックスゴールドを選びましょう。

その3
夫婦や家族で特典を分かち合いたい方 アメックスゴールドは家族カード1名分が無料だったり、レストランでの会計特典があったりと夫婦や家族で楽しさや嬉しさを分かち合えるカードになっています。

その4
定職があり、勤務年数が長い。役職についている、肩書がある方 勤務年数が長く、肩書のある方なら、アメックスゴールドカードに申し込んでみましょう。25歳以上で早く出世を果たした方でもチャレンジする価値は十分にあります。


アメックスカードはアメックス初心者に向いており、アメックス・ゴールド・カードは初心者であっても役職や肩書がある方に向いています。

審査に必要な5つのポイントをクリアできる場合は、勤務年数が短い場合はグリーン色のアメックスカード、長い場合はゴールド色のアメックスカードを検討してみましょう。


まずは
これ!


審査が不安ならまずはアメリカン・エキスプレス・カード


アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード


お申し込みはこちら