• HOME > 
  • 特集コラム > 
  • アメックスカードが年会費が高くても人気な理由

アメックスカードが年会費が高くても人気な理由

目次

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
13,200円
(税込)
13,200円
(税込)
無料 1〜2週間
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
利用可能枠
1.0% 最大5,000万円 最大5,000万円 個別設定

持っているだけで一目置かれるアメリカン・エキスプレス・カード。
アメックスはステータスカードとして世界中から認識されています。

お申込みはこちら


誰もが憧れる人気のクレジットカード

アメックスカードに憧れる5つの理由

■理由@:年会費の高さから感じられる高級感
■理由A:持っているだけで箔がつく
■理由B:会員へのサポートやサービスが多い満足感
■理由C:カードフェイスのデザインが良い
■理由D:ポイントの貯めやすさと使い勝手の良さ

これだけ魅力があるアメックスカードですが、どうして多くの人は申し込みをためらってしまうのでしょうか。その原因はズバリ、”年会費が高い”ことにあるでしょう。

アメックスカードはグリーンカードでさえ年会費が13,200円(税込)かかります。しかし、他のクレジットカードのゴールドカードの方がお得ということではありません。

年会費を気にして他のクレジットカードのゴールドカードを選んだとしても、「やっぱりアメックスがほしいな」と後で思う人が多いです。

アメックスはグリーンカードでさえも他のゴールドカードよりもブランド力があるため、ステータス性という点に置いては通常のカードよりもワンランク・ツーランク上の存在と一般的に認識されています。

さらに、アメックスカードのなかでも一目置かれているのが、アメックスのプロパーカードです。


アメックスブランドのクレジットカードは数多くありますが、正真正銘のアメックスカードはアメックスプロパーのみ。

年会費は決して安くないですが、アメックスが世界中で愛されているのには理由があります。

アメックスに少しでも興味がある人はぜひページを読み進めてみてください。

お申込みはこちら


アメックスを一度使うと解約したくならないワケ

アメックスカードは年会費の高さから見て取れる高級さが憧れの理由として大きいでしょう。

しかし、最初こそ「アメックスに憧れる」「ステータスカードがほしい」といった目的で申し込みをしたとしても、会員がアメックスを継続して利用したいと思う何かがないと世界中で人気のクレジットカードにはなっていません。

アメックスを持っている」ということが評価に変わる

クレジットカードは「クレジット」つまり、「信用」で成り立っています。

そのため、持っているクレジットカードのステータスが高いということは、ある意味「社会的に信用できる人である」と認められているようなもの。

もちろん、持っているクレジットカードのステータスだけで人を判断するのはよくないですが、判断基準の1つとして気にされるケースがあるのも事実です。

アメックスは世界中でステータスカードとして認められています。海外でアメックスを利用すると対応が違うという話も珍しくありません。

カードのステータス

アメリカン・エキスプレス・カード

三井住友カード

楽天カード


充実した会員サービス

アメックスは会員専用の特典やサービスが非常に充実していて、充実度は年会費を十分に上回る価値があります。

例えば旅行に関するサービスとして、家から空港までの手荷物宅配サービス、空港のクロークサービス、空港での食事代(エアポート・ミール)、空港ラウンジなどが無料で利用することが可能です。

これだけでも合計で数千円分お得になりますので、年に2〜3回旅行や出張に行く方ならあっという間に元を取ることができるでしょう。

その他にもアメックスゴールドにはゴールド・ダイニングby招待日和という特典があり、2名以上の予約で高級レストランの1名分の食事代が無料になるというサービスもあります。

アメックスは旅行系サービスが特に充実しているクレジットカードですが、日常生活の中でもお得に使えるシーンが多々あるので、一度利用するとアメックスの良さに魅了されて他のカードでは満足できなくなってしまうというわけです。

保険・サポート体制

アメックスは会員サービスだけでなく、保険やサポート環境も万全に整っています。

  アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキプレス・ゴールド・カード
サンプルカード
一般的なクレジットカード
海外旅行保険 最高5,000万円 最高1億円 最高2,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円 最高5,000万円 最高2,000万円
※無い場合も多い
ショッピング保険 最高500万円 最高500万円 最高100万円
携行品損害保険 最高30万円 最高50万円 最高10〜20万円


アメックスは保険でカバーできる金額が大きいので、旅行中に万が一のことが起きたとしてもアメックスカードさえあれば安心です。

お申込みはこちら


アメックスのプロパーカード

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 13,200円(税込)
ETCカード 年会費無料
※新規発行手数料935円(税込)
申し込み資格 20歳以上で安定した収入のある方
発行期間 1〜2週間
ポイント還元率 1.0%
有効期限が実質無期限
利用可能枠 個別設定
旅行保険 海外・国内:最大5,000万円
入会特典 最大18,000ポイントプレゼント

アメックスカードはその年会費からも分かる高級さが、憧れの理由にもなっています。

他のクレジットカードのゴールドカード並のステータス・サービスが詰め込まれているので、「アメックスを持っている」というだけでも一目置かれること間違い無しです。

いきなりアメックスゴールドに申し込むのは自信がない、とりあえずアメックスを体験したいという方はアメックスグリーンから始めてみるのをおすすめします。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 31,900円(税込)
ETCカード 年会費無料
※新規発行手数料935円(税込)
申し込み資格 20歳以上で安定した収入のある方
発行期間 1〜2週間
ポイント還元率 1.0%
有効期限が実質無期限
利用可能枠 個別設定
旅行保険 海外:最高1億円
国内:最大5,000万円
入会特典 最大36,000ポイントプレゼント

アメックスゴールドはステータスの高さからアメックスグリーンよりは審査基準が高く設定されていますが、決して手の届かないカードではありません。

アメックスグリーンをさらに上回るプラチナ級のサービスは年会費を安く感じてさせるほどです。

入会特典で入会後3ヶ月以内に50万円利用すると合計30,000ポイント獲得可能で、年会費に等しいポイントが返ってくるので、年会費が気になる方もアメックスゴールドのサービスを安心して楽しむことができます。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

年会費 143,000円(税込)
ETCカード 年会費無料
※新規発行手数料935円(税込)
申し込み資格 20歳以上で安定した収入のある方
発行期間 1〜2週間
ポイント還元率 1.0%
有効期限が実質無期限
利用可能枠 個別設定
旅行保険 海外:最高1億円
国内:最大5,000万円
入会特典 最大50,000ポイントプレゼント

アメックスプラチナは招待なく申請できるアメックスのカードで最もランクが高く、厳しい審査を通り抜けた限られた人だけが持てるクレジットカードです。ステータスの高さはもちろん、サービスの手厚さは他のカードと比べても圧倒的に優秀。

専用コンシェルジュサービスや高級ホテルの上級会員資格など、年会費以上のサービスを受けられることは間違いありません。

入会特典で入会後3ヶ月以内に100万円利用すると合計40,000ポイント獲得可能です。本来ならば400万円使わなければ手に入らないポイントなので、興味がある人はぜひキャンペーンがあるうちに申し込みしましょう。

アメックスは法人カードでもおすすめ

アメックスでは個人カードだけでなく、法人カードの取り扱いもしています。

個人カードのサービスやポイント還元率はそのままに、さらにビジネス面でのサポートが追加されていて、法人・個人事業主に人気な法人カードです。

アメックスでは、個人カードで貯めたポイントと法人カードで貯めたポイントについて、カード名義が同一であれば統合することができます。

そのため、プライベート用・ビジネス用のクレジットカードをどちらもアメックスに揃えることでポイントを非常に貯めやすくなります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

年会費 13,200円(税込)
追加カード 1枚につき6,600円(税込)
申し込み資格 法人・個人事業主の20歳以上で安定した収入のある方
ポイント還元率 1.0%
有効期限が実質無期限
旅行保険 海外・国内:最大5,000万円
入会特典 初年度の年会費が無料

アメックスビジネスは起業したばかりでも作れる数少ない法人カードです。

通常の法人カードは、審査においてその法人や個人事業主がどの程度の実績があるかをシビアに判断するので、起業して間もない法人・個人事業主が審査に通ることは難しいです。

そのため、仕方なく個人カードをビジネス用として使っている法人・個人事業主も少なくありません。

しかし、アメックスビジネスは法人・個人事業主としての実績だけでなく、その人個人のクレジットカードの利用実績なども考慮し、アメックス独自の基準で審査を行うため起業したばかりでも作ることが可能なのです。

コスト管理の一元化や経営・税務処理の資料や分析に役立つ、出張に関するサービスが充実しているなど、法人カードとしてのサポートが抜群です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

年会費 34,100円(税込)
追加カード 1枚につき13,200円(税込)
申し込み資格 法人・個人事業主の20歳以上で安定した収入のある方
ポイント還元率 1.0%
有効期限が実質無期限
旅行保険 海外:最大1億円
国内:最大5,000万円
入会特典 初年度の年会費が無料
入会後1年以内に200万円以上の利用で30,000ポイントプレゼント

アメックスビジネスゴールドはアメックスビジネスのサポートを引き継ぐだけでなく、より経営全般のサポートが手厚くなった法人カードです。

中小企業向けのビジネスコンサルティングをはじめ、ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」、ビジネス情報調査代行サービスなどを無料で利用可能。

さらに、帝国ホテルのアメックスビジネスゴールド会員限定のミーティングルームも、月額費用を払えば利用ができます。

年会費に不安を覚える人もいると思いますが、法人カードの年会費は経費として計上可能なため、むしろ年会費が高いほど節約につながるのです。

入会特典で初年度の年会費無料&入会後1年以内に200万円の利用で30,000ポイントがプレゼントされるので、実質2年間分の年会費を無料で利用をはじめることができます。

アメックスの提携カードも見てみましょう

アメックスには提携カードが複数あります。

プロパーカードに比べて年会費が安く、継続利用しやすいうえに、提携企業ならではの特典がプラスされるという点が魅力です。

また、プロパーカードと比較すると審査が易しめなので、アメックスカードを持ちたいけど審査が不安という人はプロパーカードとあわせて検討してみると良いでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

年会費 7,700円(税込)
家族カード 2,750円(税込)
申し込み資格 20歳以上で安定した収入のある方
ポイント還元率 1.0%
旅行保険 海外:最大3,000万円
国内:最大2,000万円
入会特典 入会後3ヵ月以内のカード利用で最大30,000マイル相当プレゼント

航空会社のANAと提携しているANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAマイレージを貯めるのに適したカードです。

入会特典に加え、定期的にキャンペーンが開始されます。

クレジットカードとしての通常利用でも100円につき1ポイント貯まり、ANAカードマイルプラス提携店での利用ではポイントとは別にマイルも獲得できるメリットも。

その他にも、ANAグループ便を利用すると搭乗のたびにボーナスマイルとして+10%加算されるなど、ANAをよく利用する人は見逃せない特典が豊富です。

アメックスの審査について

ステータスカードであるアメックスは、誰でも持てるクレジットカードではありません。

しかし、20代前半の人でも、問題なく作れるカードです。もちろん、年収が高いほど有利に働きますが、ある程度の安定した収入があれば審査に通る可能性は高くなっていきます。

アメックスの申し込み条件

アメックスの申し込み条件は2つです。

■原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある方
■他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞のない方

審査の基準は申し込み資格に反映されています。ステータスカードの申し込みをするときは特に申し込み条件を確認しましょう。

一般的なクレジットカードの申し込み条件には、20歳以上・国内在住・年齢・住所・連絡先が目立ちますが、アメックスの場合は他のクレジットカードやローンなどで滞納や延滞がないかということを加えています。

アメックスは他のクレジットカード会社とは違う独自の基準で審査をするので、他の審査は落ちてしまったけどアメックスは審査に通過するということもあり得るのです。

年収・職業別 審査難易度の比較

ローン等で延滞や滞納がないという人は下記の表に自分の職業を当てはめて確認しましょう。

属性 年収目安 注意点 難易度
(予想)
士業 男性
勤続5年 年収1,000万
女性
勤続3年 年収800万
専門分野の領域のため、経営者、お勤めともにステータス性ありと認められやすい。

経営者 男性
勤続7年 年収1,200万
女性
勤続3年 年収700万
法人カードなら基本、設立3年以上、黒字経営が審査ラインとされている。

しかし、個人カードなら会社設立年数問わず、年収や安定性を重視される。

公務員 男性
勤続1年 年収250万
女性
勤続1年 年収200万
国、地方からお給与をもらい、倒産の確率がないに等しいのでステータス性ありと認められやすい。

勤続年数が1年目からでも将来性や安定性の面から審査に通りやすい。

会社
役員
男性
勤続2年 年収900万
女性
勤続5年 年収600万
大手企業勤めほどステータス性を認められやすい。

中小企業でも勤続年数が長ければ長いほどステータス性が高い。

会社員 男性
勤続2年 年収350万
女性
勤続3年 年収300万
 大手企業や業績が安定している会社ほど認められやすい。

中小企業でも役職や勤続年数によってステータス性が変わる。

パート・
アルバイト
男性
勤続5年 年収200万
女性
勤続2年 年収103万
アメックスはパート・アルバイトでは申込みができないカードとなっているので、審査に通ることは非常に厳しいです。
×

※審査難易度はあくまでも当サイトの予想となっています。実際に申込む際は、所定の条件を満たしているかどうかよく確認した上で、申込むようにしてください。


誰もが知っているような会社勤めの人や、勤続年数が長いという場合であればステータス性が認められやすく、経営者であれば業績が安定していることが重要視されるでしょう。

繰り返しですが、アメックスは人気のステータスカードであり、以前に比べ申し込み資格のハードルが低くなったとはいえ、審査に通過するためには一定水準の社会的な信用が必要です。

審査が不安な人はまずアメックスグリーンから
表はあくまでも予想での難易度をまとめています。

審査が不安な人は、まずはアメリカン・エキスプレス・カードから申し込みを検討することをおすすめします。

アメリカン・エキスプレス・カード

プロパーカード会員限定!4つのUSJ特典

アメックスはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と提携していて、アメックスカードを持つことで特別なサービスを受けられるようになります。

限定USJ特典@:ユニバーサルVIPツアー

専属のツアーガイドがパーク内を案内してくれるユニバーサルVIPツアー。

特別入口からのパーク入場により、スムーズな入場が可能になったり、レストランの割引特典が利用できたりします。

1日20名分まで用意されています。

限定USJ特典A:ロイヤル・スタジオ・パス

ウィザーデング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターの入場確約券つきで、対象のアトラクションを回数制限なく、通常より短い待ち時間で遊ぶことができます。

1日10名分まで用意されています。

限定USJ特典B:ユニバーサル・トラベル

USJ公認の旅行予約サイト「ユニバーサル・トラベル」でアメックスカードの会員専用の旅行プランを利用することができます。

限定USJ特典C:パーティ・プラン

アメックス会員限定のオリジナルパーティに招待されます。

グリーンもゴールドも会員限定・専用サービスが豊富
これだけのサービスがついているからこそ、年会費は割高と考え、その高級感を感じて欲しいところ。

どのサービスも一度使うとやめることが悔やまれるものばかりですので、アメックスカードを持ったときには、サービスを使いこなす、使い倒すぐらいの気持ちで利用していきましょう。
アメリカン・エキスプレス・カード


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスの入会キャンペーンまとめ

各アメックスカードの入会キャンペーンをまとめると下記の通りです。

カードの種類 入会キャンペーン
入会後3ヶ月以内のカード利用で合計18,000ポイント獲得可能
入会後3ヶ月以内のカード利用で合計30,000ポイント獲得可能
初年度の年会費無料
@初年度の年会費無料
A入会後1年以内に200万円の利用で30,000ポイントがプレゼント
入会後3ヵ月以内のカード利用で最大30,000ポイント+11,000マイル相当を付与

申し込みを検討するならお得な入会キャンペーンがあるうちがベストです。

アメックスは年会費以上の価値があるクレジットカード

「アメックス」と聞いて、「年会費が高い」と連想する人もまだ少なくないでしょう。

しかし、アメックスは利用できるサービスの内容をしっかり確認をしてみると、あっという間に年会費分の元を取ることができるクレジットカードとわかります。

また、現在入会後3ヶ月以内のカード利用でアメックスグリーンは合計18,000ポイント、アメックスゴールドは合計30,000ポイント獲得できるキャンペーンを開催中。

年会費がネックという人はキャンペーンが開催されているこの機会に申し込みすることをおすすめします。

アメリカン・エキスプレス・カード


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

このコラムに関連するコンテンツ