• HOME > 
  • ビアソカードのキャッシュバック率を2倍以上にする方法

ビアソカードのキャッシュバック率を2倍以上にする方法

ビアソカードが選ばれる4つの理由

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 最短3営業日
還元率 海外
旅行保険
国内
旅行保険
ショッピング 保険
0.5% 最高2000万円 - 年間最高
100万円

毎年クレジットカード各社から多くのクレジットカードが発行されていますが、そのなかでも今もっとも勢いのあるクレジットカードといえばビアソカードです。

ビアソカードは年会費無料というメリットのほかにも1000円利用で5Pの高還元率、海外旅行保険が最大2000万円、ショッピング保険が年間100万円付いており、貯めたポイントを1P=1円としてオートキャッシュバックしてくれることから「コストがかからないのにお得」なカードとして選ばれています。

ビアソカードの主な特典とサービス

  内容 備考
カード発行 申込から1〜2週間 オンライン申込も可
年 会 費 永年年会費無料 家族会員についても永年無料
カード利用枠 10〜100万円
内リボ・分割10〜100万円
内キャッシング0〜50万円
キャッシング利用枠は別途審査の結果で決まる
追加ETCカード 年会費無料 作成時に1,050円が必要
ポイントサービス
  • 通常ショッピングで1,000円=5ポイント
  • 携帯電話/プロバイダー料金/ETC利用料金はポイント2倍1,000=10ポイント
  • Viasoeショップ利用でポイント最大10倍1,000=50ポイント
  • 楽Pay利用で、全てのポイント還元率を2倍にする事が可能
  • ポイントは1年で自動的にオートキャッシュバック
付帯保険 海外旅行障害保険最高2,000万円
ショッピング保険サービス100万円
カード申込で自動付帯
NICOSネットセーフティ オンラインの不正取引損害補償 -
申込審査 継続収入のある18歳以上の方 アルバイト、パートの方でも申込可能。

ビアソカードの特長

その1
年会費無料でリーズナブルにカードを利用できる。
その2
他カード会社のポイントプログラムと比較して、還元率の高い充実したポイントプログ ラムが用意されている。
その3
海外旅行、ショッピング等、各種保険が自動付帯になっている。
その4
審査が柔軟で、与信に自信のない方でも、申し込みが可能。
まとめ
ビアソカードは「年会費無料カード」のなかでも、数少ない海外旅行保険付帯、ポイント高還元のクレジットカード。
そして柔軟審査としても知られているので、20代かの若年層から中高年層にまで幅広く選ばれているのです。

ポイントが貯まりやすく使いやすいのが特長

ビアソカードはとにかく「ポイントが貯まりやすい」カードとあげましたが、では実際に年単位での現金利用を仮にビアソカード利用に切り替えてみたら、どの様になるのかを利用例を記載してみました。


通常の支払いを現金からカードに変更した場合のメリット

支払い例 現金で支払った場合 VIASOカードで支払った場合 ポイント還元率
電気料金 月々5,000円×12ヶ月=60,000万円 300ポイント 1倍
高速利用料金 月々5,000円×12ヶ月=60,000万円 600ポイント
(追加ETCカード利用)
2倍
ガソリン料金 月々5,000円×12ヶ月=60,000万円 300ポイント 1倍
インターネット料金 月々5,000円×12ヶ月=60,000万円 600ポイント 2倍
携帯電話料金 月々10,000円×12ヶ月=120,000万円 1,200ポイント 2倍
ショッピング料金 月々10,000円×12ヶ月=120,000万円 600ポイント 1倍
viaso-eショッピング 月々20,000円×12ヶ月=240,000万円 1,200ポイント 10倍
合計金額72万円 ポイント還元総数 15,600point

上記に示した例は、何も支払いを大げさに書いたわけでもなく、また通常出費として発生しないような項目を記載している訳でもありません。

日常生活を営む上で、ごく普通に皆さんが毎月支払いをしている例なのです。

この支払い例でも年間で実に15,600pointのポイント還元が受けられるというのは、間違いなく大きなメリットとなり、これで会員費無料なのですから、利用しない手はないでしょう。

ビアソカードのポイントを2倍以上にする方法

実はこのビアソカード、先ほどあげた一覧表でも確認できる通り、別途年会費無料のETCカードを作成することで、ETC利用料金は2倍のポイントとなる事、携帯電話やインターネットのプロバイダ料金を利用する事でポイントが2倍、さらにviaso-eショップでのネットショッピング利用ではポイントを最大10倍にすることが可能になっています。

そして、ポイント数十倍とうたっているカード会社のネットモールでよく不安要素として言われている「取扱店が少ない」といった心配が、大手ショッピングモールや家電大手、その他多数の企業サービスと提携しているviaso-eショップに至ってはありません。

ポイントを2倍にできる箇所

その1
ETCカード利用分
その2
携帯電話料金
その3
インターネット料金
その4
viaso-eショップ経由でのショッピング
まとめ
この様なポイント還元システムを有効に利用する事によって、大きなメリットが利用者に得られ、またその機能に優れたビアソカードを利用する事は、ベストなチョイスの1枚、という事が言えるでしょう。

ビアソカード利用で毎月の支払いを抑えてみよう

ビアソカードにはオートキャッシュバックシステムを取り入れたカードで、1,000ポイント以上の累計で自動的にポイントがキャッシュバックされるシステムになっています。

では再度ポイント還元の図を見ながら、それを例にいくらのキャッシュバックを受けられるのかを確認してみましょう。


ビアソカードのキャッシュバック金額


この利用例では12,600pointのポイント還元を受けられる例を示しました。
実はこの利用例でのキャッシュバック金額はビアソカードの場合、1P=1円の12,600円ものキャッシュバックが受けられるのです。

1年間に必要な支払いをカード支払いに変えるだけで、12,600円も手元に帰ってくるというのは年会費無料カードのなかでも「ビアソカードだからできること」です。

その意味では、ビアソカードは間違いなくポイント還元システムにおいて、他のカードのメリットを大きく引き離すだけの内容になっている事は間違いないと言えるでしょう。

皆さんの中で、月々の支払いを例で挙げた図の通り、現金で行っている方を含め、お得感のあるカードを選択したい方は、是非このビアソカードを検討される事をお勧めします。

キャッシュバックよりもポイントを貯めたい方へ

ビアソカードは年会費無料で、海外旅行保険付帯、1000円利用ごとに5円のキャッシュバックがある魅力あふれたクレジットカードですが、オートキャッシュバックの期限は1年と短めになっています。そして、ポイントが1000P貯まった時点で1P=5円としてキャッシュバックされるため、1000P以下の場合は失効となってしまいますので、気をつけましょう。
ビアソカードのオートキャッシュバックを受けるためには、前章までのような工夫を取って下さい。

 

もし1年間で1000Pを貯める自信がない、ポイントを素早く効率良く貯めて商品券に変えたい、
オートキャッシュよりもポイントを貯めていきたい方は、ビアソカードと同じくらいサービスの良さが際立つ、
オリコカード ザ ポイントがおすすめです

ポイント派ならオリコカード ザ ポイント

年会費無料、ポイント還元率が通常1%、入会後6ヶ月は還元率2%と良いことづくめの1枚。
生活費はもちろん、一定以上のカード利用や提携ショップでのカード利用でポイントボーナスが付きます。

オリコカード ザ ポイントなら、ETCカードも無料。

また貯めたポイントは500PからTポイントやAmazonギフトカードに移行することも可能!
リアル店で使い切っていきたいという方にもオリコカード ザ ポイントはおすすめです。

キャッシュバックのカード 関連コンテンツ